エステサロンの志望動機!書き方のポイントとは

サロン開業 エステ学校東京恵比

どんな仕事でも、就職するには書類審査や面接などの選考が必要となります。エステティシャンも同様で、書類審査や面接では様々な点から、その人を採用するかどうかの判断が行われます。中でも、志望動機の書き方は採用担当者が重要視する項目の一つです。相手を納得させる内容の志望動機が書けるかどうかにより、合格率は大きく左右されます。そこで今回は、合格率をアップさせるための、エステティシャン向け志望動機の書き方について解説していきます。

エステティシャンの志望動機!基本的な流れ

サロン開業 エステ学校東京恵比
まず、志望動機の全体的な骨組みと流れを決めます。基本的な流れを最初に決めておくことで、志望動機が書きやすくなり、きれいに文章をまとめることができます。
流れとしては、エステティシャンになりたいと思った動機を最初に記載し、そのあとに志望就職先でどんなことを学び取り組んでいきたいのか、自分がどんな人材で具体的にどのような貢献ができるのか、この3つの順番で書いていきましょう。
エステティシャンになりたいと思った動機は、希望就職先が絡む話題にするのがおすすめです。繋がりがあることをアピールすれば、採用担当者との距離が縮まり、好感を持たせやすくなります。
学び取り組んでいきたいことは、就職先の経営理念などに沿った内容を書いていきましょう。「貴社はこのような実績があり、自分もこの分野を学び取り組んでいきたい」といった具体例を出すと、より理想的です。
これらの流れを踏まえたうえで、自分がどんな人材でどのような貢献ができるのかをアピールしていきます。人材のアピールは、性格や長所などだけではなく、今までの社会経験など、具体的な体験談を交えると相手にもより伝わりやすいです。ここから、どのような貢献ができるのか、というアピールに繋げていきましょう。

未経験からエステティシャンを志望する場合

レンタルサロン 開業東京恵比寿駅近安

美容学校を卒業した後、新卒でエステサロンに応募する場合、即戦力でのアピールは難しいです。しかし、美容学校でどのようなことを学んだのか、どうしてこのエステサロンを選んだのか、具体的に記載することで選考を通過することは可能です。未経験という部分は隠さず相手に伝え、他の部分で補いましょう。
未経験の場合、「仕事を通じて人を美しくするためのサポートがしたい」という熱意を伝えることがポイントです。新卒の強みはやる気のアピールを全面的に出せるという点があります。美容学校で学んだ知識を、このエステサロンで活かしていくというやる気を採用担当者に伝えましょう。また、採用担当者は、すぐに辞めない人材を欲しがります。将来的に個人で開業したい、独立したいのでこのエステサロンでしっかり学びたい、とアピールすることで、すぐに辞めずしっかり働くという印象を付けることができます。
例文として「昔から人を美しくすることに興味を持っていて、美容学校に通っていました。エステサロンでの仕事は未経験ですが、人を美しくするという点では誰にも負けない熱意を持っています。将来的に自分のエステサロンを開業したいと考えていますが、そのためにこのエステサロンでしっかりと技術を取得したいです」といった内容で、動機と具体的なビジョン、熱意を伝える内容がおすすめです。
また、「肌の悩みを抱えていた過去があり、美容学校に通って知識と資格を取得してきました。これらの知識と資格は貴社で働くうえでお役に立てると考えています。肌の悩みを抱えていた過去があるからこそ、お客様に寄り添った考えで仕事に取り組めると思います」という風に、自分のエピソードに絡ませながら、仕事に対する熱意を伝えるのも好印象です。

経験者の志望動機を書くポイント

レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
エステサロンで働いていた経験がある方は、即戦力になるという点が重要なアピールポイントとなります。新卒にはない「経験」という点を全面的に出していきましょう。希望就職先ではどのように役に立てるか、という志望動機で採用担当者にアピールしていきます。
例文として「美容学校を卒業後、脱毛エステサロンで2年間の実務経験があります」といった、具体的な実績と数字を示すと、採用担当者にどのくらいの腕を持っているかを伝えやすいです。
また、「貴社ではこのような部門があり、採用して頂けたら自分の過去の経験を活かし、貴社とお客様に貢献ができると考えています」といった、即戦力のアピールもおすすめです。希望就職先ではどのような部門があり、得意としている分野は何かを事前に調べ、それに沿った内容で志望動機を書いていきましょう。
また、転職する場合は「何故このエステサロンを選んだのか」という点も重要なポイントとなります。エステサロンの掲げる経営理念など、何に惹かれて転職先として選んだのかをしっかりと書きましょう。例えば「トータルサロンで経験を積んでいく中で、脱毛分野に興味を持つようになり、脱毛専門の貴社を志望させて頂きました」といった内容で、エステサロンの特色と自分の志望動機を擦り合わせ、採用担当者にアピールすると好印象です。

サロンの種類別!志望動機の書き方

レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
志望動機を書く前に、就職希望先のエステサロンの種類をしっかり把握し、連想できる言葉や内容を盛り込んで作成する意識をすると、より好印象な志望動機が書けます。
例えばリラクゼーションサロンの場合、「癒し」を前提として、施術を通して「肌がきれいになる」「痩せる」「体質改善」といった効果が期待できます。痩身サロンの場合はお客様と「二人三脚」で「目標を達成する」、「満足する」ために自分がどんな「サポート」ができるか、自分が働いているイメージをしましょう。脱毛サロンの場合は「美肌」を手に入れ、「コンプレックス」を解消することができます。
このように、エステサロンと一言でまとめても、具体的な効果や目標は異なります。それによって、働き方も違ったものになってくるので、そのエステサロンを連想できる言葉や内容を盛り込んで作成すると良いです。志望動機を書く際は、希望就職先のエステサロンの種類別に合わせた内容にするよう、意識して書きましょう。

志望動機を書く時に!細かい注意点

レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
志望動機を書く際にはいくつかの注意点があります。
まず、自信をもって自分のスキルや経験をアピールすることは大切ですが、誇張しすぎないように気を付けましょう。誇張して現実から離れた内容になると、説得力が無くなってしまいます。また、虚偽の情報を記載するのは厳禁です。たとえ選考を通って就職できたとしても、虚偽の情報が原因で後のトラブルに繋がる恐れがあります。最悪の場合、仕事に支障をきたす恐れがあるので、誇張や虚偽の志望動機にならないよう注意しましょう。
選考のための書類作成は、パソコンで打ち出して印刷するという方法もありますが、なるべく手書きの方が望ましいです。厳密な規定はありませんが、きれいに作成した手書きは採用担当者に好感を持たせることができます。
そのほかにも、エステサロンごとによって、提出書類の書き方が指定されている場合があるので、志望動機を書く前にしっかりとチェックしておきましょう。

志望動機で熱意を伝える!目指す仕事への一歩

人気エステスクール レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
エステサロンはお客様と触れ合う機会が多い仕事です。経験や技術も必要ですが、なにより大切なのが仕事に対する熱意です。何故エステサロンで働きたいのか、お客様の要望にどれだけ応えることができるかといった具体的な志望動機を盛り込みつつ、この仕事に絶対就きたいという気持ちをアピールしましょう。志望動機で自分の熱意を伝えることが、希望の仕事に就く大切な第一歩となります。
今回ご紹介した書き方のポイントを踏まえ、自分の熱意を採用担当者にしっかりと伝えましょう。

 

 

関連記事

  1. サロン開業 エステ学校東京恵比寿駅近人気
  2. レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
  3. レンタルサロン エステ開業恵比寿駅近 安
  4. レンタルサロンシェア恵比寿駅近安
  5. レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
  6. 美容シェアレンタルサロン 東京恵比寿駅山手線近安
PAGE TOP