憧れのエステサロンを開業!資格は必要なの?

美容シェアレンタルサロン 東京恵比寿駅山手線近安

エステティックサロン技術を身につけたエステティシャンにとって、自分自身のエステサロンを開業することは憧れの一つと言えます。エステサロンを開業する上で注意しておくべき点は何でしょうか。エステサロンの資格にはどのようなものがあるかを説明するとともに、エステサロンの経営に資格は必要なのか、資格を取るためにはどのような準備をしておけばよいか、分かりやすく紹介します。サロンの経営に必要なことを学んでいきましょう。

エステサロンの開業に資格は必要?

レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
日本においては、エステティシャンの国家資格を有していないため、免許を持っていなくてもエステサロンを開業することができます。 国家資格の代わりとして、職能団体である「一般社団法人日本エステティック協会」が資格制度を制定し、認定校制度や教育制度、講師制度などに力を入れています。認定校制度により、各種団体や企業などが希望者に対してエステティシャン資格を認定する仕組みですが、エステティシャンのレベルや知識を持っているものとみなされる重要な資格の一つです。上級技術者に与えられる資格である「認定トータルエステティックアドバイザー」や、一般社団法人日本エステティック業協会が発行するエステの基礎資格「AEA認定エステティシャン」などが知られています。エステサロンを開業する上では、箔をつける意味でも持っておきたい資格の一つです。協会ではエステの認定校制度を定めており、学校に通うことでエステの技術を学ぶことができます。

独学でもエステティシャンになれるのか

レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
エステティック協会が認定するエステの学校に通うことで、サロン開設に必要なエステ技術を学ぶことができますが、技術を学ぶ対価として高い学費を支払う必要があります。エステの認定資格は、学校に通わなくてもお金をかけずに独学で勉強することができ、一定期間の実務経験を積むことでエステティシャンになることができます。やる気や向上心を持ち続けていれば、独学だけでエステサロンを開業することは難しいことではありません。エステサロンの仕事は、高い技術力がものを言い、自身の持つスキルを存分に発揮できる職業として人気があります。

開業をするまでのプロセスをご紹介

サロン開業 エステ学校東京恵比寿駅近人気
エステサロンを開業するための大前提として、あらかじめまとまった資金を調達しておきます。内装費用や機器代、消耗品費や宣伝広告費などを見積もり、必要となる運転資金を準備します。開業に先立ち、どの地域にエステサロンを開きたいかを検討します。働きたい場所が決まったら、エステスペースを確保できる物件の取得に取り掛かります。希望する物件を選ぶ際には、エステ機器を搬入でき、消耗品を置いておく場所をどこにするかをイメージしながら準備を進めていくことが大切です。エステサロンを自宅で開業する場合は、最初に施術スペースをどこにするかを決めておきます。一般的にエステサロンには、お客様から非現実的な空間や高級感を求められることが多いため、生活感を感じさせてしまう空間から離れたスペースを確保することが重要です。自宅でのエステ開業を目指すならば、家の玄関からできるだけ近い場所にエステスペースを確保するとよいでしょう。高級感を醸し出せるような内装やインテリアを準備し、室内の雰囲気に合うBGMを流しておくことで非日常感を演出しやすくなります。エステサロンを開業するためには、エステに関係する機器の準備が必要不可欠ですが、一式購入して揃えるにはまとまった資金が必要です。エステ機器の技術は日進月歩で常に進化していることから、機器をレンタルして上手にメンテナンスしていくという選択肢もあります。機器などの設備だけでなく、エステで使用するオイルやタオルなどの消耗品にも細心の注意を払います。エステで使う消耗品は、仕入先との信頼関係によって仕入れ値が変動すると言われており、懇意にしている業者がいるかどうかで運転資金額が変わってきます。絶え間なくお客様に来てもらうためには、エステサロンの存在を知ってもらうことが大切ですが、定期的にチラシを配り、地域の情報雑誌に広告を出したり、ホームページを使って効果的に宣伝をしておきましょう。

サロンとして生き残るために心がけたいこと

人気エステスクール レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
エステサロンは、機器や消耗品などの諸費用がかかる店舗形態であるため、開業前にどれだけ準備できているかが重要なポイントです。エステサロンとして継続的に事業を進められるようにしていくためには、競合店との差別化を図る必要があります。自身が得意としているエステ技術が何なのかを見極めた上で、エステサロンのコンセプトを明確化しておくことが大切です。コンセプトを持つことは、経営者にとっての精神的支柱になるだけでなく、エステサロンのあるべき姿を作り上げていくことにも役立ちます。どのような客層をターゲットにし、目標とする売上高をいくらにするか、コンセプトがあることでスムーズに決めることができます。お客様にリピーターとなってもらい、常に選ばれ続けるエステサロンであるためには、現実的な経営計画を立てておくことが重要です。十分に時間をかけて、納得のいく事業計画を作り上げましょう。エステサロンでは、お客様とマンツーマンで長時間同じ空間を過ごすことになります。エステ技術をお客様に堪能してもらうことはもちろんのこと、施術者の人間性や魅力を余すことなく伝えることも大切なポイントで、常連客を獲得していくための秘訣の一つです。提供するサービスがお客様にとって価値があると感じられれば、サロンとしての独自性を高められ、多店舗との差別化も図ることができます。価値には、「情緒的価値」と「機能的価値」の二つがあります。情緒的価値では、お客様に対してどのような気分を味わってもらいたいかを心に訴えかけていきます。「気分」は主観的な感覚であり、数値として測ることは簡単ではありませんが、「癒し」「くつろき」といったキーワードを当てはめていくと、どういうサロンにしたいかコンセプトに落としていくことができます。機能的価値とは、エステサロンで提供するメニューやサービスの質を表します。時間がない人向けの短時間メニューや、仕事終わりにふらっと立ち寄れる営業時間帯などが当てはまります。客層のターゲットを明確にしておくことで、どのようなサービスを作ればよいかを決めていくことが可能です。長く営業を続けていくために、独自性の高いエステサロンを目指していきましょう。

エステサロンを開業!憧れの経営者に

レンタルサロン恵比寿駅近 安
エステサロンを開業するにあたり資格は必須ではないものの、日本エステティック協会が認定する資格を有することで、エステティシャンとして箔が付くことが分かりました。エステの資格は、学校に通うだけでなく独学でも取得できるため、やる気を持って学ぶことが大切です。エステサロンを立ち上げるためには、必要となる運転資金を準備するのは当然のこと、多店舗との差別化を図るためのコンセプト作りが何よりも大切です。家庭やプライベートを優先しつつも、エステティシャンとして技術力を高めたい方にとっては、LMSレンタルサロンの利用が有効な選択肢の一つです。副業収入が欲しい方も、LMS式美容フリーランスを主たる収益源として生計を立てたい方にも魅力のあるサロンです。LMSレンタルサロン開業では、週3回で月20万円の収入を目指しています。エステティシャンの仕事を、ライフスタイルに合わせて自分らしく生きていきたい方への新たな働き方を、LMSレンタルサロンは提案しています。有効に活用していきましょう。

 

関連記事

  1. レンタルサロン エステ開業恵比寿駅近 安
  2. レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
  3. レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
  4. レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
  5. 恵比寿 エステ開業 レンタルサロン
PAGE TOP