独立すると収入が増える?エステサロン経営者の年収とは?

開業恵比寿レンタルサロン独立

エステサロンで働く場合、大きく分けて独立開業と従業員として働くという2つのパターンがあります。特に独立開業を検討している人にとっては、月々の経費を払いながら生活を維持できるだけの収入があるかどうかは気になるところでしょう。そこで、今回は一般的なエステサロン経営者の平均年収についてご紹介していきます。

エステティシャンの平均年収とは?

開業恵比寿レンタルサロン開業
独立して収入を増やしたいと考えているのならば、まずはエステティシャンの平均年収を把握しておくと参考になります。例えば、今はサロンの従業員として勤務している人が独立を考えるとしても、現在の給料が平均に近ければ急いで独立せずに資金をゆっくり貯めてチャンスを伺うという選択肢も出てくるからです。逆に既に一定数の固定客がついていて、従業員として働くよりも独立した方が多くの収入が見込めるのであれば、思い切って自分の店を持つのも良いでしょう。

大手サロンの正社員というと、エステティシャンの中では比較的安定して給料も条件的に恵まれていると言えます。基本的に経験を積んで技術を高めたり、資格を取得している人ほど給料が上がっていきますが、30代の場合、全国的な平均年収は300~400万円ほど、月給で言えば22万円前後です。ただし、固定給の契約になっているところや歩合制になっているところもあるため、平均よりも収入が多い人もいれば、逆に大幅に少ない人もいます。また、エステティシャンの年収は地域差もあり、利用者が多い都市部と比べると地方は安い傾向にあります。なお、正社員としてエステティシャンが働く場合には、一人あたりの施術に時間がかかることもあって勤務時間は長くなりがちです。さらに立ち仕事が多いために体力面での負担も大きく、正社員であっても長期的に働くには相当の覚悟が必要になります。シフト管理がしっかりしていて休みも取りやすいところであれば比較的働きやすいでしょう。

独立した場合の月収とは?

開業恵比寿レンタルサロン
自分でエステサロンを立ち上げて独立した場合、雇われて給料をもらっていた時と比べてどのように収入が変わるのでしょうか。給与所得の場合、サロンの運営にかかる経費は全て会社が負担しますので、従業員は給料の全額が収入となります。一方、自分でサロンを経営する場合は売り上げの全てを自分の収入にすることはできません。売り上げの中から毎月の家賃や光熱費、施術に必要な道具類や薬剤、人件費などの経費を差し引く必要があり、これらを差し引いた残額が最終的な儲けで月収となるため、売り上げが大きい月でも利益が大きいとは限らないからです。特にエステの場合、サロンを立ち上げた当初は専門的な美容機器が必要になるだけでなく、化粧品や道具類の準備も高額になりがちです。また、各種方面への登録手続きなどの初期投資も発生するため、最初の内は赤字になることも珍しくありません。店舗のスペースについても、自宅でサロンを開けば家賃や敷金などの費用負担を抑えることができますが、そうなると施術できる顧客の人数が限られてしまいます。かといって、ある程度設備が充実したサロンを借りるとなると毎月まとまった金額の賃貸料が必要です。このように、独立した当初は給料をもらっていたころよりも収入が激減する可能性があり、また毎月ある程度の経費が発生することは避けられませんが、経験を積んで顧客を増やしていくことが出来れば売り上げを増やして年収をアップさせることは不可能ではありません。実際、独立しているエステティシャンの中には平均年収が500万~1000万円以上という人もいます。

収入を安定させるためには?

開業恵比寿レンタルサロン
不安定な要素も多いエステサロンの独立開業ですが、闇雲に営業するよりも収入を安定させる方法はいくつかあります。大まかに言うと、収入を増やすための対策と経費を減らすための対策に分けられますが、どちらも併用することで経営しやすくなるでしょう。

まず、資金繰りを考える上で自分自身が月収としていくら必要なのかを考えます。さらに、サロンを維持していくためにどれくらいの費用が発生するのかについても考えましょう。家賃や光熱費などはある程度見積もりも出しやすいですが、来客数に応じて変化する化粧品関係は年間を通して大体の必要額を見込んでいきます。最低限必要な収入が決まったら、そのために何人の来客が必要かを計算しましょう。施術内容によって金額は変化しますが、こちらも一人あたりの売上見込み額を算出して、人数や売り上げに関する具体的な数値目標を立てます。はっきり認識できる目標ができてくると、必要な店舗スペースや設置する美容機器、ストックしておく化粧品類などの予算も立てやすくなります。また、目標達成のための広告や割引なども算出しやすくなるでしょう。

目標が決まったら、効果的な集客方法やリピーターの獲得、施術以外の売り上げの向上などを模索していきます。集客については、開店前にチラシやクーポンを配布したり、大手のサイトを利用するなどの方法が挙げられます。リピーターの獲得のために満足度の高い施術を行うことはもちろん、ポイント制度やお得なコース料金を設定するのも良いでしょう。また、化粧品のオンラインショップなども併設して、サロンで使用している化粧品を販売すると収入を二本柱にできます。いずれもサービスの向上に努め、長期的な視野で戦略を立てることで売り上げを徐々に伸ばしていけるでしょう。

独立には経営知識も必要

開業恵比寿レンタルサロン
エステサロンを開業するためには、エステの技術だけでなく経営に関する知識も必要です。日々の売り上げや支出は毎日記録して月ごとに集計しなければなりませんし、毎年3月には確定申告を行う必要があることから、最低限の経理の知識が必要となります。節税のためには青色申告をすることが必要不可欠ですが、簿記の記載が複雑になるため、出来れば開業前に前もって勉強しておいた方が良いでしょう。また、料金設定は開業前にしっかりシミュレーションしてから決定することが大切です。というのも、料金は一度設定すると上げづらくなるため、最初から薄利の設定にしておくと長期的な利益を出しにくくなってしまうからです。かといって高額すぎると来客数が減ってしまうため、儲けを出しつつ、利用してもらいやすい価格設定にうまく調整しなければなりません。それには、前述のような売り上げ目標や月々の予算などをしっかりと確認しておく必要があるのです。

レンタルサロンで独立を成功させよう

開業恵比寿レンタルサロン
このように、エステサロンは初期投資や仕入れが高額になりやすく、いきなり開業して黒字を出すのは困難です。そんなときには、まずはレンタルサロンを利用するというのも一つの方法です。自分でサロンを探すとなると立地条件が良いサロンは家賃が高額になりますし、家賃を抑えようと思うと集客力が落ちてしまいます。LMSレンタルサロンは表参道駅や恵比寿駅など集客力の高いエリアのサロンを設備付・時間単位で借りることができ、敷金・礼金・保証金などを支払う必要がありません。自分が使いたい時間だけ利用できるため、家賃を大幅にコストカットできます。さらに、無料で施術のスクールを受けることも可能で集客サポートやHP作成なども利用可能なため、開業直後で資金がない時に大きい損失を出さずに集客を目指せます。サロン内の設備はあらかじめ用意されており、施術関係の保険は自分で選ぶことができます。エステの従業員と並行してレンタルサロンで空き時間に働くというのも良いですし、ある程度資金ができたら自分だけのお店を持つのも良いでしょう。独立に不安があるうちは、まずはこのような方法でリスクを抑えつつ開業を始めてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

  1. サロン開業 エステ学校東京恵比寿駅近人気
  2. レンタルサロン 開業東京恵比寿駅近安
  3. レンタルサロン 開業東京恵比寿駅近安
  4. レンタルサロン東京恵比寿駅近 安
  5. レンタルサロン 開業東京恵比寿駅近安
PAGE TOP